結城まりん=藤井夏希

名前
結城まりん(ゆうきまりん)
別名
藤井夏希

結城まりんの出演サイトと作品数

結城まりんさんは下記3つの海外サイトにおいて、2013年12月から2014年10月までの11ヶ月間に合計3作品に出演し公開されています。

カリビアンコム
「痴漢路線バス 〜容赦なく襲い来る無秩序な魔の手〜」の1作品
ムラムラってくる素人
「どうにも我慢できなくなって誰かにみられるんじゃないかとドキドキしながらも人目もはばからず野外でアヘアヘウヒハーな猛烈なガチハメ青姦をする今時のセックス大好きな男女の本番映像です。」の1作品
TOKYO-HOT
「餌食牝 藤井夏希」の1作品

出演作品リスト

海外作品

2014年10月 配信
  • 結城まりん出演「痴漢路線バス 〜容赦なく襲い来る無秩序な魔の手〜」の画像

    タイトル
    痴漢路線バス 〜容赦なく襲い来る無秩序な魔の手〜
    配信サイト
    カリビアンコム
    配信日
    2014年10月7日
    女優名義
    結城まりん

    生ぬるい秋風を感じながら緑の多い田舎でバスに乗り込むイマドキギャル娘の結城まりんちゃん、車内ではいつもの顔ぶれが7、8人乗車している。一人見知らぬ男がバス内をキョロキョロしながら、まりんちゃんの背後に立ち気づかれないように、まりんちゃんのお尻をゆっくりと撫で始める。まりんちゃんも痴漢されている事に気づくと手で跳ね除けるが、恐怖で声がでない。それを男は感づき痴漢行為は更にエスカレートしていく〜!

    詳細情報はこちら!

2014年2月 配信
  • 結城まりん出演「どうにも我慢できなくなって誰かにみられるんじゃないかとドキドキしながらも人目もはばからず野外でアヘアヘウヒハーな猛烈なガチハメ青姦をする今時のセックス大好きな男女の本番映像です。」の画像

    タイトル
    どうにも我慢できなくなって誰かにみられるんじゃないかとドキドキしながらも人目もはばからず野外でアヘアヘウヒハーな猛烈なガチハメ青姦をする今時のセックス大好きな男女の本番映像です。
    配信サイト
    ムラムラってくる素人
    配信日
    2014年2月8日
    女優名義
    結城まりん

    カップルが猛烈なガチハメ青姦にくるという噂の人気の少ない棒ビーチに張り込んみ、素人カップルのハレンチ映像を禁断入手!誰かに見られてるかも…そんなスリルを興奮材料にしてオマンコをグチョ濡れにさせ、イヤらしく絡み合うバカップル。撮影されてることにもまったく気づかず、誰かにみられるんじゃないかとドキドキしながらも人目もはばからず一心不乱にアヘアヘウヒハー喘ぎまくり人気はないがビーチという公共の場所にもかかわらずズッコンバッコンおっぱじめる今時のセックス大好きカップルのガチハメ青姦SEX映像をお楽しみください!!

    詳細情報はこちら!

2013年12月 配信
  • 藤井夏希出演「餌食牝 藤井夏希」の画像

    タイトル
    餌食牝 藤井夏希
    配信サイト
    TOKYO-HOT
    配信日
    2013年12月2日
    女優名義
    藤井夏希

    =プレイ内容=
    インタビュー〜いじり〜でんま〜おもちゃ〜フェラ〜ソファ正常位〜バック〜立ちバック〜背面〜正常位〜バック〜正常位〜胸だし

    =見どころ等=
    久しぶりに龍くんの登場です。やめてと思ったら女の子を連れてきました。

    =備考=
    プレイ内容、見どころ等の欄は木村文章のコピペです。酷い日本語ですが何卒ご勘弁を。
    感度は抜群♪ぶびぶびチナラ三昧

    この餌食の本編採用合否-×

    検討後、不採用

    もりんもりんの大盛マンカス

    詳細情報はこちら!

国内作品

モールサイトの女優ページ
  • 結城まりん出演「DUGAの「結城まりん」作品ページ」の画像

    配信サイト
    DUGA
    女優名義
    結城まりん

    花魁衣装を身にまとった超可愛いくてエロいギャルが2人同時に担当してくれる、夢のようなソープ!特濃洗体でダブルマンコこすり付け、チンポと乳首同時に責められる悶絶舐め奉仕!

    DUGAの「結城まりん」作品ページはこちら!

結城まりんの他サイトさんのコメント

ギャル系の企画女優で、全く持って情報なしの結城まりんちゃん。
良く言えば愛嬌のある顔立ち、悪く言えばブサイクさんなのですが、メイク次第ではまあまあ見れる感じです。
スタイルについてもちょっとアレなのですが、なんと言いますか、女性らしさに欠けるというか、男の娘と言われても納得してしまいそうな体つきをされています。
良いとこ探そうとしたんですけど、なかなかこれが・・・。